地域資料エリア 利用のご案内 

 1.「地域資料」エリアと、利用上の注意点 

「地域資料」エリアは3階西側の一角にあります。
下の写真のような9つの棚と、地域資料地図コーナー、2つの常設展示ケースで構成されています。ここに愛知県の地域資料(図書・雑誌・地図)が収められています。
 地域資料は館外貸出ができません。館内でご覧になるか、必要箇所をコピーしてご利用ください。

地域資料エリア

 2.「地域資料」とは? 

愛知県図書館の「地域資料」は、愛知県全域及び愛知県に関係の深い地域に関する資料を指します。従来は「郷土資料」と呼ばれ、郷土の過去の事象について記された古い資料を主としていましたが、県域の今日的資料、将来の問題等に関する資料も含めた収集を目的として、「地域資料」と改められました。行政資料をはじめ、地図、市町村史誌、愛知県人の伝記や著作、雑誌など幅広い資料の収集、保存に努めています。

愛知県関係地域資料ポータル*
愛知県図書館が所蔵する地図、電話帳、新聞のリストなどの地域資料の情報や、インターネット上で閲覧できる愛知県の資料・情報へのリンクなどをまとめました。

 

 3.利用の多い地域資料の紹介 

 (1)県市町村史誌

愛知県史、県内の市町村史誌が、地域別に置かれています。各自治体の歴史を調べる上で有効な資料です。

 (2)愛知県及び県内の市町村の発行する行政資料

市町村勢要覧・統計・事業報告など、愛知県内の自治体が発行した刊行物です。

 (3)愛知県の地域雑誌

多くの雑誌類は2階にありますが、愛知県地域に関係する雑誌については、地域資料として3階にあります。古いものは地下の書庫にあります。市町村の広報誌もここに置かれています。また、『東海ウォーカー』『KELLY』等若干の雑誌は、「利用案内」カウンターに置かれていますので、ご注意ください。

 (4)路線価図(財産評価基準書)

昭和49年以降の愛知県の路線価図(財産評価基準書)は、3階に置かれています。最新のものはカウンターに別置してあります(なお国税庁のホームページ*で全国過去数年分を掲載しています)。

 

 4.愛知県図書館デジタルアーカイブについて

愛知県図書館が所蔵する貴重な資料群をデジタル化してご提供しています。

「絵図の世界」*
「愛知県図書館絵はがきコレクション」*
「貴重和本デジタルライブラリー」*



 5.地域資料の常設展示について 

地域資料展示コーナー

地域資料エリアの一角に展示コーナーを設けています。所蔵する地域資料から、普段目にふれることの少ない珍しい資料、貴重な資料を選んで展示・紹介しています。

 現在の展示のご案内 

テーマ 新収蔵資料展―明治初期 尾張・三河地域の資料―
期間 令和元年11月15日(金)〜令和2年3月1日(日)

尾張明細図 明治5年
内容 当館では、愛知県地域に関する各種資料を幅広く収集しており、貴重書書庫では、歴史的・文化的価値の高い資料を多数保管しています。 今回の展示では新たに受入れした貴重書のうち、明治初期尾張・三河地域の古地図等当館初公開の地域資料を紹介します。
場所 3階 地域資料展示コーナー
展示資料 小田切春江画「尾張明細図(大区小区図)」(千歳園 明治5年)
「愛知県中島郡四貫村字分地図」(明治時代)
「管内士族平民心得書」(額田県 明治5年)
「額田県疆記聞 第1号」(深見藤吉 明治5年)
「三河国設楽郡河合村絵図」(明治5年)

過去の展示はこちら→郷土資料関係の展示一覧

「*」の印のついているリンクは別ウィンドウが開きます。

↑ページの先頭へ