←メニューへ戻る

*利用案内

■ 利用できる時間および休館日

開室時間:午前10時から午後6時まで
休館日:愛知県図書館の休館日と同じ。月曜日、毎月第2木曜日(その日が祝日・振替休日に当たるときは開館、次の平日に休館)、 年末年始、館内整理のための休館、などがあります。

■ サービスを受けるには(登録のしかた)

利用できるのは、視覚障害者その他視覚による表現の認識に障害のある方です。初めて利用する方は、まず利用登録をしてください。登録には障害の状態を示す文書が必要です。

1 視覚による身体障害者手帳の交付を受けている方
身体障害者手帳をご提示ください。

2 それ以外の視覚による表現の認識に障害のある方
「視覚による表現の認識に障害のある者」であることを示す文書(医師の診断書、福祉窓口や学校などから提出された障害の状態を示す文書など)をご提示ください。

■ 貸出し

録音図書・点字図書を貸出しします。1度に借りられるのは、原本20タイトル分までです。 借りられる期間は、22日間です。

録音図書とは、図書や雑誌を朗読者が朗読して録音したものです。 「カセットテープ」と「デイジー」(CD形態のデジタル録音図書)があります。 「デイジー」を利用するには、専用機またはパソコンが必要です。

なお、県内在住で、視覚による身体障害者手帳の交付を受けている方、あるいは郵送貸出の対象者に該当する方には、郵送でお送りします(無料)。 郵送にかかる日数は、別に考慮します。 電話、FAX、メールなどでお申込みください。

所蔵資料は、蔵書検索から検索できます。 また、墨字(冊子)目録『録音図書・点字図書目録 2007年版』があります。必要な方はお送りいたしますので、ご連絡ください。 音声版(カセットテープ・デイジー)としては、2003年までの目録と、2008年以降毎年発行している新着図書案内があり、必要な方には貸出しします。 図書目録もご参照ください。

■ 当館にない資料の紹介

お読みになりたい本が当館にない場合、その本を持っている図書館をお調べします。 また、他の図書館の本は当館を通じて借りることができます。その他、本に関するご質問などありましたら 電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

■ 録音図書の作成

まだ音声化されていない本は、当館で録音図書を作成します。テープ図書とデイジー図書、どちらでもお作りします。
(県内に住所を有する方に限ります)

■ 対面朗読

図書館の資料だけでなく、公開された文書であれば何でもお読みします(私信は除きます)。3日前までに電話またはメールでご予約ください。

■ 音声情報コーナー

音声を使って情報を入手するための機器が揃えてあり、自由にご利用いただけます。また利用方法を職員が説明します。

1 音声読み上げ対応パソコン: インターネットも検索できます。
2 音声読書機「よむべえ」: 墨字資料をスキャナーで読み取り、電子音声にて読み上げます。
3 音声デイジー再生機: 録音図書(デイジー)を聞くことができます。
4 カセットテープ再生機: 録音図書(カセットテープ)を聞くことができます。
5 音声コード読み上げ機「テルミー」: 音声コードを電子音声にて読み上げます。 

予約なしでもご利用いただけますが、利用希望者が多い場合には予約の方が優先されますので、できましたら事前にご連絡ください
↑ページの先頭へ


*愛知県図書館への交通


愛知県図書館へは、地下鉄の場合、鶴舞線または桜通線の丸の内駅で下車し、8番出口を出て、点字ブロックに従い、そのまま直進してください。新御園橋の交差点で外堀通を渡って70メートルほど進み、点字ブロックにそって左に曲がると、正面が図書館です。

市バス(幹名駅1、名駅14)の場合は、バス停「愛知県図書館」で下車してください。
名古屋駅方面からお越しの場合は、点字ブロックに沿って、バスの進行方向へ70メートルほど進んで左折します。市役所方面からお越しの場合は、点字ブロックに沿って、バスの進行方向へ45メートルほど進んだところにある、景雲橋東の交差点を右に渡り、さらに右手方面へ120メートルほど進んで左折します。どちらも左折後は道なりに進むと、90メートルほどで点字ブロックが二手に分かれますので、そこで左に曲がると図書館の玄関です。

玄関を入って点字ブロックにそって進み、途中で右に曲がってさらに進むと、そこが視覚障害者資料室です。

初めて来館されるときは、できましたら事前にご連絡ください
お申し出をいただければ、地下鉄丸の内駅、バス停「愛知県図書館」まで、職員が送迎いたします。
↑ページの先頭へ