小林 謙一/編 -- 同成社 -- 2016.3 -- 210.25

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 場所 棚番号 請求記号 資料コード 貸出利用 状態
本館 3階人文 Map 18 /210.25/シヨ/1119951 1111199511 閲可貸可協可

資料詳細

タイトル 縄文時代の食と住まい
叢書名 ものが語る歴史
著者 小林 謙一 /編  
出版地 東京
出版者 同成社
出版年 2016.3
ページ数 3,190p
大きさ 22cm
一般件名 縄文式文化 , 食生活-歴史 , 住居-歴史
内容紹介 縄文の「食」と「住」について、歴史生態学、実験考古学、動物考古学等の視点から論究。先史時代の生活の復元に大きな材料を与え、縄文文化研究に新しい地平を拓く。2013年9月の中央大学学術シンポジウムをもとに書籍化。
ISBN13桁 978-4-88621-722-6
分類番号 210.25

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
食の多様性と文化の盛衰 羽生 淳子/著 1-25
民族事例からみる多様な住居の様相 武藤 康弘/著 27-49
資源利用からみた縄文文化と続縄文文化 高瀬 克範/著 51-78
鍋のスス・コゲからみた縄文・弥生時代の囲炉裏構造 小林 正史/著 79-130
炭素同位体分析による居住期間・住居の寿命と生業 小林 謙一/著 131-165
縄文時代の食と住まいの復元 小林 謙一/著 167-185