伊豫谷 登士翁/編 -- 平凡社 -- 2014.1 -- 910.264

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 場所 棚番号 請求記号 資料コード 貸出利用 状態
本館 3階人文 27 /910.26/キキ/1079767 1110797678 閲可 貸可 協可 個人貸出

資料詳細

タイトル 「帰郷」の物語/「移動」の語り
副書名 戦後日本におけるポストコロニアルの想像力
著者 伊豫谷 登士翁 /編, 平田 由美 /編, 伊豫谷 登士翁 /[ほか著]  
出版地 東京
出版者 平凡社
出版年 2014.1
ページ数 333p
大きさ 20cm
一般件名 日本文学-歴史-昭和時代(1945年以後) , 移民・植民 , 引揚者問題
内容紹介 「移動」から「近代」を再考する書。ポストコロニアルの時代を「故郷」「帰るべき場所」といった本来的な空間の喪失の時代と捉え、社会編成の新たな原理と可能性を探る。
ISBN13桁 978-4-582-45236-5 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
分類番号 910.264

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
移動のなかに住まう 伊豫谷 登士翁/著 5-26
“他者”の場所 平田 由美/著 27-61
おきざりにされた植民地・帝国後体験 朴 裕河/著 63-108
「八木秋子日記」に幻の引揚げ小説をさがして 西川 祐子/著 109-153
パラレル・ワールドとしての復員小説 坪井 秀人/著 155-187
絶たれた帰鮮の望み 美馬 達哉/著 189-221
ジェンダー・空間的実践・惑星思考 ブレット・ド・バリー/著 223-266
越境する記憶 テッサ・モーリス=スズキ/著 267-291
移動経験の創りだす場 伊豫谷 登士翁/著 293-327