法政大学大原社会問題研究所/編著 -- 法政大学出版局 -- 2012.6 -- 364.02

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 場所 棚番号 請求記号 資料コード 貸出利用 状態
本館 4階社会 Map 44 /364.02/フク/1044176 1110441765 閲可 貸可 協可

資料詳細

タイトル 福祉国家と家族
叢書名 法政大学大原社会問題研究所叢書
著者 法政大学大原社会問題研究所 /編著, 原 伸子 /編著  
出版地 東京
出版者 法政大学出版局
出版年 2012.6
ページ数 6,336p
大きさ 22cm
一般件名 福祉国家 , 社会政策 , 家族
内容紹介 1980年代以降の福祉国家の縮減過程とグローバリゼーションのもとで家族政策が主流となっていく過程を検証し、福祉国家の今後の方向性に対して社会政策としての家族政策がもつ含意を明らかにする。
ISBN13桁 978-4-588-64543-3 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
分類番号 364.02

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
市場と世帯経済 ジェーン・ハンフリーズ/著 9-56
福祉国家の変容と家族政策 原 伸子/著 57-85
第二世代の両立支援と労働法 両角 道代/著 87-110
アメリカの福祉改革 江沢 あや/著 113-133
イギリスの成年後見法にみる福祉社会の構想 菅 富美枝/著 135-162
フランスの家族手当と家族政策の歴史的転換 深澤 敦/著 163-191
ドイツ社会国家と家族政策 斎藤 純子/著 193-218
ひとり親家族の子育てと福祉援助 岩田 美香/著 219-240
近代日本の企業福祉と労働者家族 榎 一江/著 243-264
イギリスにおける女性労働と古典派経済学 舩木 惠子/著 265-289
雑誌『青鞜』における「堕胎論争」の一考察 松尾 純子/著 291-321