鈴木 玲/編 -- 御茶の水書房 -- 2010.3 -- 366.04

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 場所 棚番号 請求記号 資料コード 貸出利用 状態
本館 4階社会 Map 44 /366.04/シン/989707 1109897071 閲可 貸可 協可

資料詳細

タイトル 新自由主義と労働
叢書名 法政大学大原社会問題研究所叢書
著者 鈴木 玲 /編  
出版地 東京
出版者 御茶の水書房
出版年 2010.3
ページ数 13,253p
大きさ 22cm
一般件名 労働問題 , 新自由主義
内容紹介 新自由主義経済がどのように展開し、労働運動や労使関係、労働条件にどのような影響を及ぼしたのかを、実証的、理論的側面から分析する。実証的研究は日本の事例を対象とし、理論的研究は海外の学説史や研究動向もフォロー。
ISBN13桁 978-4-275-00881-7 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
分類番号 366.04

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
日本における新自由主義の起点に関する考察 兵頭 淳史/著 5-20
労働再規制に向けての構造改革路線からの反転 五十嵐 仁/著 21-42
「企業社会」再論 高橋 祐吉/著 45-69
公務部門改革下の公務労使関係 松尾 孝一/著 71-97
規制緩和と長時間労働 鷲谷 徹/著 99-115
外資系企業A社における1990年代以降の雇用調整に関する一考察 鬼丸 朋子/著 117-138
生協における賃金・査定と労働組合 山縣 宏寿/著 139-164
イギリス労使関係論におけるプルーラリズムとマルクス主義 浅見 和彦/著 167-194
社会運動ユニオニズムの可能性と限界 鈴木 玲/著 195-221
解雇規制の必要性 山垣 真浩/著 223-250