-- 河出書房新社 -- 1991.7 -- 911.52

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 場所 棚番号 請求記号 資料コード 貸出利用 状態
本館 書庫2上 Map B/911.52/ハギ/576982 1105769823 閲可 貸可 協可

資料詳細

タイトル 萩原朔太郎
叢書名 新文芸読本
出版地 東京
出版者 河出書房新社
出版年 1991.7
ページ数 223p
大きさ 21cm
内容紹介 1910年代から30年代の日本近代詩の前線に立ち続けた萩原朔太郎。詩に始まり詩の中に死んだ彼の表現者としての生涯をたどったあと、“詩人の体臭”“歌のわかれ=詩の生成”“疾患・エロス・国家”等、様々な局面にスポットをあてている。
ISBN 4-309-70160-4 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
分類番号 911.52

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
朔太郎小伝 佐藤 紘彰/著 6-24
ごはん粒をこぼす人 谷川 俊太郎/著 26-31
人のよさの記憶 中野 重治/著 32-35
父の遺品 萩原 葉子/著 36-39
晩年の萩原さん 丸山 薫/著 40-43
萩原朔太郎と稲垣足穂 江戸川 乱歩/著 44-48
<ちぐはぐ>朔太郎 佐佐木 幸綱/著 50-56
評伝的解説 清岡 卓行/著 57-63
抒情の宿命 松本 健一/著 64-69
朔太郎の新しい貌 那珂 太郎/対談 70-80
トリコロールの旗 楠田 枝里子/著 82-86
夢の中なるちのみ児朔太郎 森内 俊雄/著 87-92
歪んだ足つきの詩人 種村 季弘/著 93-101
ばくてりやの世界 菅谷 規矩雄/著 102-111
朔太郎における国家と私 北川 透/著 112-120
『純情小曲集』 安野 光雅/著 122-124
朔太郎派または人工の音楽 福永 武彦/著 125-130
<鼠殺し>など 鶴岡 善久/著 131-136
萩原朔太郎と写真 飯沢 耕太郎/著 137-144
朔太郎のアフォリズム 河盛 好蔵/著 145-149
猫町のクロニクル 海野 弘/著 150-153
飢えたる萩原朔太郎 飯島 耕一/著 154-160
萩原朔太郎詩鑑賞「利根の松原」 葛原 妙子/著 161-165
萩原朔太郎『氷島』 富士川 英郎/著 166-176
悲壮なる父 磯田 光一/著 177-192
作品 193-215